MEGAVIDEO

MEGAVIDEOの事なら!!みんなのユーチューブ無料動画まとめサイト アットユーチューブ@YouTube
アットユーチューブ@YouTube >> YouTube >> ユーチューブ >> アニメ >> ドラマ >> 動画 >> MEGAVIDEO

  • 11/08 テガミバチ
  • 11/08 エレメントハンター
  • 11/08 ご姉弟物語
  • 11/08 犬夜叉 完結編
  • 11/08 おひとりさま
  • 11/08 アンタッチャブル~事件記者・鳴海遼子~
  • 11/08 ウェルかめ
  • 11/08 古代少女ドグちゃん
  • 11/08 嬢王 Virgin
  • 11/08 サムライ・ハイスクール
  • 11/08 小公女セイラ
  • 11/08 ラブ★コン
  • 11/08 ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
  • 11/08 LASTEXILE
  • 11/08 RAGNAROK THE ANIMATION
  • 11/08 落語天女おゆい
  • 11/07 聖剣の刀鍛冶
  • 11/07 生徒会の一存
  • 11/07 戦う司書
  • 11/07 とある科学の超電磁砲
  • 11/07 極上!!めちゃモテ委員長
  • 11/07 WHITE ALBUM
  • 11/06 ROMES
  • 11/06 傍聴マニア09
  • 11/06 キディ・ガーランド
  • 11/06 けんぷファー
  • 11/06 DARKER THAN BLACK 流星の双子
  • 11/06 NARUTO -ナルト- 疾風伝
  • 11/06 NEEDLESS
  • 11/06 にゃんこい!

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    原作は『とある魔術の禁書目録』の外伝(スピンオフ)漫画。超能力が科学によって解明された世界。能力開発を時間割り(カリキュラム)に組み込む巨大な学園都市。その街に住む高校生・上条当麻のもとに、純白のシスターが現れた。彼女は禁書目録(インデックス)と名乗り、魔術師に追われていると言う。こうして、上条当麻は科学と魔術の交差する世界へと踏み込んでゆく。
    とある科学の超電磁砲のページを開く
    スポンサーサイト
    10年前、突如東京を襲った異変。通称「地獄門(ヘルズ・ゲート)」といわれる未知の領域が出現したその時から、この世界は本当の“空”を失い、夜空を覆う満天の星空は、偽りの星達のものとなった。また、この時から「契約者」と呼ばれる特別な能力を身につけた者達が現れはじめる。人間らしい感情や「契約対価」という代償と引き換えに人外の能力を得た存在である彼らを利用して、このゲートに関する情報を得ようと、各国の諜報機関が東京にエージェントを送り込む。 主人公・黒<ヘイ>もまた、そうした契約者の一人である。彼はある“組織”に所属しており、他の諜報機関等からは「BK-201」又は「黒の死神」と呼ばれている。そして、同じ“組織”のメンバーである銀<イン>・猫<マオ>・黄<ホァン>とともに、ゲートに関連する情報を集め、“組織”の任務を実行している。
    DARKER THAN BLACK 流星の双子のページを開く
    2130年日本、かつての第三次世界大戦により、東京に「BS(ブラックスポット)」と呼ばれる巨大な汚染区域が生み出されていた。「BS」は廃墟として長大な壁により隔離されたが、いつの間にかその荒れ果てた大地に住み着くものが現れた。彼らを「街(シティ)」の人々は「不要者(ニードレス)」扱いしたがその中には不思議な能力を持つ者たちがいた。
    NEEDLESSのページを開く
    高校1年生を期に1人暮らしを始めることにした主人公・夏目智春。彼は3年前から自称守護霊で幼馴染の美少女水無神操緒に取り憑かれていた。 智春の兄、夏目直貴が暮らしていたオンボロ屋敷・鳴桜邸(めいおうてい)に引越した日、鳴桜邸に2人の美女が来た。兄、直貴から託されたという銀色のトランクを届けにきた黒のスーツの美女・黒崎朱浬、そしてその晩、トランクを奪いに鳴桜邸へ忍び込んだ巫女装束の美少女・嵩月奏。この銀色のトランク「イクストラクタ」を手にした事を契機に、智春は世界の隠された真実と向かい合う。第一生徒会会長佐伯玲士郎は言った。神は人間を見放し、この世界は1度滅び、「悪魔」の力を借りる事でやり直した「二巡目の世界」なのだと言う事を。 いずれ劣らぬ強烈なクセの持ち主である美女・美少女たちに囲まれた受難の主人公智春の、波瀾に満ちたハイスクールパンク。
    アスラクライン2のページを開く
    優等生の村雨純夏は中学からの友人 風間汐に想いを伝えられず悶々としていた。そんな二人のまわりには、食欲旺盛なブラスバンド部員・鳥追きより、少女ファッション誌読者モデルの朱宮正樹、蓮賀朋絵と当麻みやこの仲良しカップルなど、個性豊かな面々が集まっていく。ある日「放課後を女の子だけで楽しく過ごす部を作ろう」という話になって・・・!?
    ささめきことのページを開く
    世界中に幾多も存在する魔導士ギルド。そこは、魔導士達に仕事の仲介等をする組合。 立派な魔導士を目指す少女・ルーシィは、ひょんな事から火を食べ、火を吐き、火を纏う滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)ナツと出会い、ナツの所属するギルド「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」に加入する。しかしそこは、ルーシィの想像を超えた荒くれ者が集まるギルドだった。 問題児だらけの「妖精の尻尾」だが、ルーシィとナツは順調に依頼をこなして行き、次第に魔導士としても成長していく。
    FAIRY TAILのページを開く
    『Axis powers ヘタリア』というタイトルは、英語の「Axis Powers(枢軸国)」と、ネット上の造語「ヘタリア」を組み合わせたものである。「ヘタリア」という語自体は、2ちゃんねるの軍事板で「ヘタレなイタリア(軍)」の意で用いられたのを発祥とする。世界史をモチーフの主軸とし、世界の様々な国固有の風俗、風潮、気風、風土等を人型に模したキャラクター達が織り成す、国擬人化歴史コメディである。WW1 - WW2を時代背景に始まり、中世期・近代(現代)と、主人公イタリアを含む枢軸国を中心に、彼らを取り巻く世界中とのドタバタを史実とエスニックジョークを交えたほのぼのとしたタッチで描く。内容として歴史事項を含む世界各国の時期ネタが含まれるため、コマの欄外などで使用されたネタの解説が注訳されている。
    ヘタリア Axis Powers 第2期のページを開く
    『ミラクル☆トレイン』は鉄道駅を美麗男子に擬人化したWeb漫画・ノベル、およびそこから派生したプロジェクトである。鉄道駅をイメージした男性擬人化で、登場人物のプロフィールにおける生年月日、住所は当該駅のものと同一となっている。彼ら一人一人のキャラクターにはそれぞれの駅のエピソードが反映されているのでそれぞれの駅に因んだ知識を高めることができる。
    ミラクル☆トレイン 大江戸線へようこそのページを開く
    聖フランチェスカ学園に通う少年・北郷一刀は、ある夜、学園から古い鏡を盗もうとした泥棒を見つける。泥棒を捕らえようとしたその時、鏡が光り輝き、一刀は見知らぬ世界へと飛ばされてしまう。状況が掴めない一刀は賊に襲われるが、青龍偃月刀を振るう黒髪の美少女に助けられる。少女は関羽と名乗り、一刀こそが戦乱に喘ぐこの世界を救う天の御遣いだと言った。戸惑う一刀だったが、苦しむ民衆たちの姿を見て、英雄として立つ事を決意する。曹操や孫権など三国志の英雄と同じ名を持つ少女たちとの出会いや戦いの中で、一刀はこの世界の真実を知る…。
    真・恋姫†無双のページを開く
    夏休みを利用して横浜の祖父の家に泊まりに来た八坂一。彼はたまたま涼みに入った喫茶店の従業員・嵐山小夜子に一目惚れをしてしまう。とあるきっかけであらしが八坂に触れた瞬間、2人の間に雷のような衝撃が走る。あらしは「通じた!」と声を漏らすと、驚いた八坂を外へ連れ出す。そのまま2人で裏山を駆け抜けると、目の前には現代の日本だとは思えない風景が広がっていた……。
    夏のあらし!春夏冬中のページを開く
    『そらのおとしもの』は、水無月すうによる日本の漫画作品。『月刊少年エース』(角川書店)にて2007年5月号から連載中。エース誌上に連載された水無月すうの作品としては『JUDAS』に続く2作目となる。略称は「そらおと」。空美町に住む桜井智樹は「平和が一番」をモットーにする普通の中学生。ただ1つ普通じゃないことといえば、顔さえ思い出せない女の子が現れる夢をよく見ること。たかが夢だと放っておいたのだが…。 その日、空から、天使が降ってきた。
    そらのおとしもののページを開く
    主人公はスポーツ用品店・キタムラスポーツの息子の樹多村 光(以下「コウ」と記述)。近所のバッティングセンターを営む月島家とは、家族ぐるみの付き合いで、次女で同い年の若葉とは特に親しかったが、その反面三女の青葉とは犬猿の仲だった。 初めは野球に興味がなかった光だが、青葉の投球フォームを見て憧れ、人知れずトレーニングしていた。そして小5の夏、若葉が突然の事故で亡くなる…… 中学生になったコウは、野球部にこそ所属していなかったがトレーニングは続けていた。そして高校生になり、小学生の頃から親しかった赤石、中西と共に野球部に入部することにしたが、野球部は野球留学生及び選抜テスト合格生による一軍と、それ以外の「プレハブ組」に分かれていた。その選抜テストを受けず、プレハブ組に配属されたコウ達は、夏の地区予選前、一軍VSプレハブ組の試合で惜敗する。 夏休みに入り一軍は甲子園の予選に行くが、プレハブ組は廃校になった小学校で特訓を受ける。そして夏休みも後半になり、校長代理からプレハブ組の解散が命じられると、逆に前野監督はクビを懸けて一軍との再戦を申し入れる。青葉も参戦したその試合でプレハブ組は辛勝し、逆に一軍野球部が解散となり、一軍監督、校長代理、そして東以外の野球留学生は他校へ転校する。 そして春になり、コウ達は2年生、青葉は1年生となる……
    クロスゲームのページを開く
    冥府にある死者の生前の罪業を裁く機関「十王庁」。その中で閻魔大王自ら指揮をしている閻魔庁の召喚課は、死者に関するトラブルを専門に扱う機関である。そこに所属する職員は、「死神」と呼ばれている。召喚課に所属する昼行灯・都筑麻斗は、新パートナーである黒崎密と九州地区を担当していた。都筑を付け狙う外科医・邑輝一貴の起こす数々の事件で、次々と都筑や密の生前の事が明らかになっていく。それに伴い、事件の被害者も増えていっている。 闇の末裔本編は、幻想界編と鎌倉編の同時進行の途中で連載休止となっているが、邑輝の友人である壬生織也と邑輝の幼馴染で彼女の櫻井寺右京の短編が2話、ふろく本として発行されている。2冊目のふろく本にて、京都編で行方不明になった邑輝が織也の元へと返されている。
    闇の末裔のページを開く
    ある一軒のアパートに、とある目的のために奮起する少女が一人やって来た。彼女の名前は花戸小鳩。彼女の目的は「行きたい所」に行くために、人間の傷付いた心を癒し、その心で「ビン」を一杯にすること。 お目付け役の謎のぬいぐるみ・いおりょぎと共に、早速、傷付いた心を癒そうとするも、極度の世間知らずかつ天然な小鳩はやることなすこと空回ってはいおりょぎに怒られてばかり……。そんなとき、「よもぎ保育園」の園長・沖浦清花と保育士の藤本清和に出会い、そこで雑用担当のバイトをすることになる。 温厚で優しい清花はともかく、ぶっきらぼうで無愛想な態度ばかりが目立つ清和に当初は反感を抱く小鳩だったが、彼の秘めたる優しさを知る内に、次第に清和に心惹かれるようになる。 そんな折、園児の一人・俊彦の心を小鳩は図らずも癒し、ようやくビンの中に1つ目の傷ついた心を入れることに成功したのだった。 何とか雑用をこなし園にも馴染んできたところ、小鳩はよもぎ保育園が多額の借金を背負っており立ち退きを迫られていること、しかも、その取立人(ヤクザ)の中に清花のかつての夫がいることを知り……。
    こばと。のページを開く
    ガマ星雲第58番惑星「ケロン星」から地球(地球外の全宇宙人の呼称は「ポコペン」)の侵略を目的に軍隊が派遣された。その先発隊として隊長・ケロロ軍曹、突撃兵・タママ二等兵、機動歩兵・ギロロ伍長、作戦通信参謀・クルル曹長、暗殺兵・ゼロロ兵長(後にドロロと改名)の5名の兵士からなる宇宙侵攻軍特殊先行工作部隊・ケロロ小隊が地球に降り立った。 しかし地球に降り立つ際に隊員5名は散り散りになってしまい、小隊長であるケロロは一軒の民家に潜伏するが、そこに住むポコペン(地球)人の日向夏美と弟の冬樹にあっさりと発見・捕獲されてしまう。本隊はこの状況を危険と判断し、彼ら先発隊5名を残して緊急撤退。地球に取り残されたケロロは、日向家の居候として家の掃除をさせられたり、趣味のガンプラを作ったりして毎日を過ごす生活を始める。 やがてバラバラにはぐれてしまった隊員たちが段々とケロロの元へ集結し遂に5人全員が揃う。その途中、アンゴル族のヒト型宇宙人の少女・アンゴル=モアまでもが日向家に居候し始め、日向家はますます大混乱。変わりに変わった日向家でのさらにへっぽこな日々が続くことになる。
    ケロロ軍曹 3rdのページを開く
    ひょんな出来事から悪霊・虚(ホロウ)の退治者(死神)になってしまった高校生、黒崎一護とその仲間達の活躍を描いた漫画。初期の死神代行編はエブリデイ・マジック的要素もあったが、尸魂界編からはその要素は失せ、バトル中心のストーリーを展開する。ストーリーの設定や伏線は前もって考えているとジャンプフェスタ等で作者が公言していたが、実際はキャラクターを先に作り、漫画を描きながら考えている。 主な舞台は東京にある架空の町、空座町。本作の世界観は人間が住む現世と天国や死後の世界に位置する尸魂界(ソウル・ソサエティ)と地獄、本作における悪霊・虚達が住む虚圏(ウェコムンド)で構成されており、死神が魂魄の成仏や虚の退治を行い、世界の均衡を保つ調整者とされている。
    BLEACHのページを開く
    「バウント・尸魂界 強襲編」と併せて、「尸魂界救出篇」と「破面篇」の間に挿入されたエピソード。 尸魂界(ソウル・ソサエティ)から帰った一護達。空座町の担当として現世に恋次が赴任した中、突然改造魂魄のりりん達の「ゲーム」に巻き込まれる。これは浦原喜助の、来るべきバウントとの戦いに備えたものだった。「バウント」とは人間の魂魄を食って生きる人間の突然変異(血液ではなく魂を吸う吸血鬼のようなもの)。ルキアも現世に派遣され、バウント達との戦いに臨むが、バウントはなぜか滅却師の石田を執拗に狙う。そんな中、石田はバウントの1人・相馬芳野と関わりを持つ。彼女もまたバウントの頭・狩矢神の野望を食い止めんとしていた。
    ブリーチ バウント篇のページを開く
    ルキアがとらわれている懺罪宮にたどり着いた一護らは、六番隊隊長・朽木白哉と交戦するが、一護に斬魄刀戦術の最終奥義【卍解】を修得させるため、突如現れた夜一に戦いを中断させられる。一護は夜一に引き連れられ【卍解】を修得するため3日間の修行に入った。 一方、藍染隊長殺害事件を独自に調査していた十番隊隊長・日番谷冬獅郎は容疑者の市丸ギンと対峙するが五番隊副隊長・雛森桃に藍染殺害の嫌疑を掛けられ、市丸と戦うも逃がしてしまう。市丸の思惑がルキアの処刑にあるとにらんだ日番谷は部下の十番隊副隊長・松本乱菊とともに処刑を止めに向かう。そんな折ルキアの処刑は期日を早められ、あまりに突然すぎる処刑日時の変更は死神たちの考えも二分することになる。 処刑当日、織姫は一護との対決を目論む十一番隊隊長・更木剣八とその部下たちの協力により石田らを脱出させ、ともにルキアの処刑場へ向かう。そこに七番・九番隊の隊長格が現れ、剣八とその部下、斑目一角・綾瀬川弓親は彼らと対決することになる。幼馴染であるルキア救出を決意した恋次も白哉と剣を交えた。そして処刑が始まった瞬間、死を決意したルキアの前に一護が駆けつける。
    ブリーチ 尸魂界救出篇のページを開く
    とても霊感が強い高校生・黒崎一護は、悪霊退治に来た死神・朽木ルキアと出会う。最初は死神の存在を信じなかった一護だが、人の魂を喰らう悪霊・虚(ホロウ)に襲われたことでルキアを信じざるを得なくなる。家族を悪霊との騒動に巻き込まないために虚に立ち向かう一護だったが、普通の高校生が虚にかなうはずがなく、一護をかばったルキアは重傷を負ってしまう。絶望的状況の中、ルキアは最後の手段として一護に死神の力を分け与え、一護は死神となって虚を退治した。 しかしルキアの予想以上に一護が死神の力を吸い取ってしまったため、ルキアは死神としての力をほとんど失ってしまう。そこでルキアは自身の力が回復するまで一護に死神代行を務めるよう迫る。一度は断る一護だが、ルキアに家族を救われた恩に報いるため死神代行を引き受け、その後さまざまな騒動に巻き込まれる。
    ブリーチ 死神代行篇のページを開く
    高校1年生を期に1人暮らしを始めることにした主人公・夏目智春。彼は3年前から自称守護霊で幼馴染の美少女水無神操緒に取り憑かれていた。 智春の兄、夏目直貴が暮らしていたオンボロ屋敷・鳴桜邸(めいおうてい)に引越した日、鳴桜邸に2人の美女が来た。兄、直貴から託されたという銀色のトランクを届けにきた黒のスーツの美女・黒崎朱浬、そしてその晩、トランクを奪いに鳴桜邸へ忍び込んだ巫女装束の美少女・嵩月奏。この銀色のトランク「イクストラクタ」を手にした事を契機に、智春は世界の隠された真実と向かい合う。第一生徒会会長佐伯玲士郎は言った。神は人間を見放し、この世界は1度滅び、「悪魔」の力を借りる事でやり直した「二巡目の世界」なのだと言う事を。 いずれ劣らぬ強烈なクセの持ち主である美女・美少女たちに囲まれた受難の主人公智春の、波瀾に満ちたハイスクールパンク。
    アスラクラインのページを開く
    お探しの動画が見つからない場合

    人気ブログランキングへ行く
    FC2のブログランキングへ行く
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。