BLEACH

BLEACHの事なら!!みんなのユーチューブ無料動画まとめサイト アットユーチューブ@YouTube
アットユーチューブ@YouTube >> YouTube >> ユーチューブ >> アニメ >> ドラマ >> 動画 >> BLEACH

  • 11/08 テガミバチ
  • 11/08 エレメントハンター
  • 11/08 ご姉弟物語
  • 11/08 犬夜叉 完結編
  • 11/08 おひとりさま
  • 11/08 アンタッチャブル~事件記者・鳴海遼子~
  • 11/08 ウェルかめ
  • 11/08 古代少女ドグちゃん
  • 11/08 嬢王 Virgin
  • 11/08 サムライ・ハイスクール
  • 11/08 小公女セイラ
  • 11/08 ラブ★コン
  • 11/08 ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
  • 11/08 LASTEXILE
  • 11/08 RAGNAROK THE ANIMATION
  • 11/08 落語天女おゆい
  • 11/07 聖剣の刀鍛冶
  • 11/07 生徒会の一存
  • 11/07 戦う司書
  • 11/07 とある科学の超電磁砲
  • 11/07 極上!!めちゃモテ委員長
  • 11/07 WHITE ALBUM
  • 11/06 ROMES
  • 11/06 傍聴マニア09
  • 11/06 キディ・ガーランド
  • 11/06 けんぷファー
  • 11/06 DARKER THAN BLACK 流星の双子
  • 11/06 NARUTO -ナルト- 疾風伝
  • 11/06 NEEDLESS
  • 11/06 にゃんこい!

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    藍染が織姫を連れ去った目的は護廷十三隊や一護ら死神代行組らへの戦力分断だった。一度は一護達に救出される織姫だったが突如現れた十刃の1人、スタークにより再び捕らえられてしまう。更に藍染は死神代行組と加勢に現れた4人の隊長を虚圏に幽閉、3番以上の数字を持つ十刃のスターク、バラガン、ハリベルとその従属官を連れて現世の空座町へと進攻、虚圏では藍染の命を受けたウルキオラが虚夜宮で待ち構えていた。 浦原は山本総隊長の命により、転界結柱を使って空座町を流魂街の外れに転送し、空座町のレプリカと入れ替えていた。現世に現れた護廷十三隊全隊長格と藍染一派との熾烈を極める総力戦が始まる。 一方、虚圏では死神代行組と葬討部隊が交戦を始め、一護もまたウルキオラと刃を交えていた。
    ブリーチ 空座町決戦篇 のページを開く
    スポンサーサイト
    ひょんな出来事から悪霊・虚(ホロウ)の退治者(死神)になってしまった高校生、黒崎一護とその仲間達の活躍を描いた漫画。初期の死神代行編はエブリデイ・マジック的要素もあったが、尸魂界編からはその要素は失せ、バトル中心のストーリーを展開する。ストーリーの設定や伏線は前もって考えているとジャンプフェスタ等で作者が公言していたが、実際はキャラクターを先に作り、漫画を描きながら考えている。 主な舞台は東京にある架空の町、空座町。本作の世界観は人間が住む現世と天国や死後の世界に位置する尸魂界(ソウル・ソサエティ)と地獄、本作における悪霊・虚達が住む虚圏(ウェコムンド)で構成されており、死神が魂魄の成仏や虚の退治を行い、世界の均衡を保つ調整者とされている。
    BLEACHのページを開く
    時間は遡ること110年前。当時藍染が五番隊の副隊長を務めていた頃、仮面の軍勢と呼ばれる前の平子が五番隊の隊長を務め、ひよ里達もまたそれぞれ隊長・副隊長として名を連ねていた。そして前隊長が王属特務へ異動した十二番隊には浦原喜助が隊長に任命されることになる。当時の副隊長のひよ里に反発に遭いながらも、浦原は自分なりに隊長の仕事をすることを決め、技術開発局設立を目指すのだった。 時は流れ101年前、この当時流魂街で謎の"変死事件"が発生。六車拳西率いる九番隊が調査に向かうが、そこで発見したものは先遣隊の人数分の、帯が締められたままの死覇装だった。真相究明のために現地に野営する六車九番隊の面々だが、何者かの襲撃を受け拳西と副官の久南白の霊圧反応が消失。救出に向かった平子達が現地で見たものは変わり果てた六車九番隊の姿だった。
    ブリーチ 過去篇のページを開く
    久保帯人が、オリジナルキャラクターのデザインを担当。 一護とグリムジョーの戦いの終幕で一旦区切りをつけた破面篇とはまた別の話。尸魂界では藍染達の反乱により市丸が抜けて空席となった三番隊隊長の座に新たな隊長として虚討伐の遠征部隊を率いていた実力者・天貝繍助を迎えることとなる。吉良は三番隊ひいては護廷十三隊の改善に尽力しようとする天貝と新体制に反発しつつもやがて賛同していく隊員達の間で振り回され苦悩していく。やがて吉良は天貝が連れてきた第三席・貴船理の不審な行動に疑問を持つようになる。 一方現世ではお供の犬龍・猿龍の引導で上級貴族「霞大路家」の姫・霞大路瑠璃千代がやってきて、一護の行く先々に現れる。瑠璃千代は霞大路家を取り仕切る雲井尭覚の霞大路家乗っ取りの画策により命を狙われていた。それを知った一護とルキアは犬龍の頼みで瑠璃千代のボディーガードを頼まれるが、次々と放たれる雲井の刺客達との戦闘を強いられることに。やがて霞大路家を取り巻くお家争いは尸魂界を巻き込む騒動へと発展してしまう。
    ブリーチ 新隊長天貝繍助篇のページを開く
    藍染の命によりウルキオラら破面に連れ去られた織姫。尸魂界は本格的な戦いの準備に入り、この件から手を引く。それに納得できない一護は織姫を救出するため浦原の助力の下、石田・チャドと共に、藍染らのいる虚圏(ウェコムンド)に向かう。死神の力を借りずに虚圏にたどり着いた一護たちはネル・トゥら珍妙な破面の3人組と出会い、行動をともにする。そして白哉の黙認を得て虚圏に向かったルキア・恋次も一護達と合流、虚夜宮(ラス・ノーチェス)に乗り込んだ一護らは散開して進むことに。 だが、その先には十刃落ち(プリバロン・エスパーダ)、十刃(エスパーダ)ら強大な力を持つ破面たちが待ち受けていた。一方、織姫は藍染に「仲間」として迎えられる。だが自らの能力を理解した織姫は、藍染の持つ崩玉(ほうぎょく)を無に帰さんと画策していた。 時が経つに連れ、十刃達に追い詰められる一護達。だが思わぬ人物達が一護達の窮地に駆けつけた。
    ブリーチ 虚圏救出篇のページを開く
    原作者の久保帯人が、オリジナルキャラクター・アシド、「アジューカスの巣」、「メノスの森」のデザインを担当。
    ブリーチ “メノスの森”篇のページを開く
    尸魂界から帰った一護たち。虚退治に奔走する中、奇妙な転校生・平子真子が現れる。彼は死神から虚の領域に足を踏み入れた者「仮面の軍勢(ヴァイザード)」だった。一方、藍染の影を感じ、一護の父・一心も死神復帰する。ほどなくして空座町に藍染の配下の破面(アランカル)が襲撃、その戦闘能力に驚愕する。 この事態に尸魂界はルキア・恋次・日番谷ら死神を現世に送り込むが、グリムジョーと複数の破面が再び来襲、斬魄刀の能力を開放した隊長格の死神でも破面に苦戦させられる。自ら無力さを痛感した一護は、内なる虚を抑えるべく仮面の軍勢の元を訪れていた。一方、日番谷らは山本総隊長から藍染の驚くべき目的を告げられる。
    ブリーチ 破面出現篇のページを開く
    黒崎一護は仮面の軍勢と虚化の特訓中、井上織姫と朽木ルキアは尸魂界で特訓中、茶渡泰虎は浦原商店の地下勉強部屋で特訓中。その間の原作では描かれなかった日番谷先遣隊(+コン)を描く。
    ブリーチ 日番谷先遣隊奮闘記のページを開く
    当初、虚圏(ウェコムンド)へ行くと思われていたバウントの真の目的が、尸魂界の殲滅であることを知った一護らは再び尸魂界へ足を踏み入れる。一方、周到な計略により尸魂界へと侵入を果たし、復讐を目論むバウント達。そして、それらを阻止抹殺しようと護廷十三隊も動き出す。 完結編となる第109話では0.side-A the sand、0.side-B the rotatorを原作としたシーンが挿入された。
    ブリーチ バウント・尸魂界 強襲篇のページを開く
    「バウント・尸魂界 強襲編」と併せて、「尸魂界救出篇」と「破面篇」の間に挿入されたエピソード。 尸魂界(ソウル・ソサエティ)から帰った一護達。空座町の担当として現世に恋次が赴任した中、突然改造魂魄のりりん達の「ゲーム」に巻き込まれる。これは浦原喜助の、来るべきバウントとの戦いに備えたものだった。「バウント」とは人間の魂魄を食って生きる人間の突然変異(血液ではなく魂を吸う吸血鬼のようなもの)。ルキアも現世に派遣され、バウント達との戦いに臨むが、バウントはなぜか滅却師の石田を執拗に狙う。そんな中、石田はバウントの1人・相馬芳野と関わりを持つ。彼女もまたバウントの頭・狩矢神の野望を食い止めんとしていた。
    ブリーチ バウント篇のページを開く
    ルキアがとらわれている懺罪宮にたどり着いた一護らは、六番隊隊長・朽木白哉と交戦するが、一護に斬魄刀戦術の最終奥義【卍解】を修得させるため、突如現れた夜一に戦いを中断させられる。一護は夜一に引き連れられ【卍解】を修得するため3日間の修行に入った。 一方、藍染隊長殺害事件を独自に調査していた十番隊隊長・日番谷冬獅郎は容疑者の市丸ギンと対峙するが五番隊副隊長・雛森桃に藍染殺害の嫌疑を掛けられ、市丸と戦うも逃がしてしまう。市丸の思惑がルキアの処刑にあるとにらんだ日番谷は部下の十番隊副隊長・松本乱菊とともに処刑を止めに向かう。そんな折ルキアの処刑は期日を早められ、あまりに突然すぎる処刑日時の変更は死神たちの考えも二分することになる。 処刑当日、織姫は一護との対決を目論む十一番隊隊長・更木剣八とその部下たちの協力により石田らを脱出させ、ともにルキアの処刑場へ向かう。そこに七番・九番隊の隊長格が現れ、剣八とその部下、斑目一角・綾瀬川弓親は彼らと対決することになる。幼馴染であるルキア救出を決意した恋次も白哉と剣を交えた。そして処刑が始まった瞬間、死を決意したルキアの前に一護が駆けつける。
    ブリーチ 尸魂界救出篇のページを開く
    やむを得ない事情があったとはいえ、死神が人間に力を与えるのは死神の世界・尸魂界(ソウル・ソサエティ)では重罪だった。ルキアは一護に霊力を与えた罪で現世に派遣された使者に連行され、それを阻止しようとした一護も死神の力を失ってしまう。一護はルキアを助けるため自身に眠る死神の力を覚醒させ、人語を繰る謎の黒猫・夜一に先導され、同級生である井上織姫・茶渡泰虎(チャド)・石田雨竜とともに尸魂界へ潜入する。 一護たちは門番・兕丹坊を退け、死神の活動拠点・瀞霊廷に侵入を試みるが、三番隊隊長・市丸ギンの妨害で失敗。だが夜一の友人である花火師・志波空鶴の協力により、空鶴の弟・岩鷲とともに瀞霊廷へ強行侵入を果たす。侵入の際に離散してしまった一護らは個々に死神と交戦することになる。そんな中、一護と岩鷲はルキアを助けたいと願う四番隊隊員・山田花太郎と偶然知り合い、彼の案内でルキアがとらわれている懺罪宮を目指すが、そこへ六番隊副隊長・阿散井恋次が立ちはだかる。 一方、瀞霊廷ではもう一つ重大な事件が起こっていた。ルキアの処刑に疑問を抱いていた五番隊隊長・藍染惣右介が何者かに暗殺されたのである。
    ブリーチ 尸魂界潜入篇のページを開く
    とても霊感が強い高校生・黒崎一護は、悪霊退治に来た死神・朽木ルキアと出会う。最初は死神の存在を信じなかった一護だが、人の魂を喰らう悪霊・虚(ホロウ)に襲われたことでルキアを信じざるを得なくなる。家族を悪霊との騒動に巻き込まないために虚に立ち向かう一護だったが、普通の高校生が虚にかなうはずがなく、一護をかばったルキアは重傷を負ってしまう。絶望的状況の中、ルキアは最後の手段として一護に死神の力を分け与え、一護は死神となって虚を退治した。 しかしルキアの予想以上に一護が死神の力を吸い取ってしまったため、ルキアは死神としての力をほとんど失ってしまう。そこでルキアは自身の力が回復するまで一護に死神代行を務めるよう迫る。一度は断る一護だが、ルキアに家族を救われた恩に報いるため死神代行を引き受け、その後さまざまな騒動に巻き込まれる。
    ブリーチ 死神代行篇のページを開く
    お探しの動画が見つからない場合

    人気ブログランキングへ行く
    FC2のブログランキングへ行く
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。