真刈信二

真刈信二の事なら!!みんなのユーチューブ無料動画まとめサイト アットユーチューブ@YouTube
アットユーチューブ@YouTube >> YouTube >> ユーチューブ >> アニメ >> ドラマ >> 動画 >> 真刈信二

  • 11/08 テガミバチ
  • 11/08 エレメントハンター
  • 11/08 ご姉弟物語
  • 11/08 犬夜叉 完結編
  • 11/08 おひとりさま
  • 11/08 アンタッチャブル~事件記者・鳴海遼子~
  • 11/08 ウェルかめ
  • 11/08 古代少女ドグちゃん
  • 11/08 嬢王 Virgin
  • 11/08 サムライ・ハイスクール
  • 11/08 小公女セイラ
  • 11/08 ラブ★コン
  • 11/08 ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
  • 11/08 LASTEXILE
  • 11/08 RAGNAROK THE ANIMATION
  • 11/08 落語天女おゆい
  • 11/07 聖剣の刀鍛冶
  • 11/07 生徒会の一存
  • 11/07 戦う司書
  • 11/07 とある科学の超電磁砲
  • 11/07 極上!!めちゃモテ委員長
  • 11/07 WHITE ALBUM
  • 11/06 ROMES
  • 11/06 傍聴マニア09
  • 11/06 キディ・ガーランド
  • 11/06 けんぷファー
  • 11/06 DARKER THAN BLACK 流星の双子
  • 11/06 NARUTO -ナルト- 疾風伝
  • 11/06 NEEDLESS
  • 11/06 にゃんこい!

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    成功率97.4%を誇るフリーの交渉人・別府勇午を主人公にした社会派サスペンス。『月刊アフタヌーン』連載版では主に海外が舞台となっている。毎回作者の綿密な現地取材に基づいて、各国の社会情勢、文化事情、宗教観、社会悪、必要悪にぶつかり、悩みながら解決の糸口を模索する勇午の姿が描かれた。ひとつのエピソードにつき、約1年程度の連載である(短編の日本編を除く)。『イブニング』での連載に移ってからは、主に日本各地が舞台となっている。 シリーズを通して、主人公・勇午がほぼ必ず拷問を受けるという特徴があり、特に『アフタヌーン』版では各国の文化を背景にした様々な趣向の拷問が描かれた。 元外務大臣、第92代総理大臣の麻生太郎は、あるシンポジウムで、外交を語るなら『勇午』を読まなければ駄目だ、と言い切った。2008年12月、麻生総理はよく「矜持」という言葉を使っているが、「横浜・横須賀編1」の223ページにも勇午のセリフとした「交渉人としての 矜持は 譲れません」という個所が見られる。
    勇午 ~交渉人~のページを開く
    スポンサーサイト
    お探しの動画が見つからない場合

    人気ブログランキングへ行く
    FC2のブログランキングへ行く
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。